花粉症になる原因の仕組み(メカニズム)とは?

      2017/01/01

513d8a73fc5268ed6a7a098991882bd4_s

花粉症になるのはなぜでしょうか?

花粉症の原因は花粉ですが、なぜ花粉が体の中に入るとアレルギー反応が出るのでしょうか?

出る人と出ない人の差は一体なんでしょうか?

今回は花粉症のメカニズムについてご紹介したいと思います。

花粉症になる原因の仕組み

花粉症になるのは、花粉がアレルギー反応が出るからです。

ではなぜそのアレルギー反応が出るのでしょうか?

花粉が体に中にはいった時リンパ球が花粉が侵入したと認識します。

そうするとリンパ球がIgE抗体を作り出します。

IgE抗体は、花粉をキャッチしこれ以上花粉を体に入らせまいとヒスタミンという物質を放出します。

しかし、ヒスタミンはくしゃみや鼻水や目のかゆみといった花粉症の症状が出るという特徴があります。

これが花粉症になる仕組みだったのです。

なので花粉症の症状は良い症状?

花粉症の症状はこれ以上花粉を中に入れないようにと鼻水を出したり、くしゃみをしたりして侵入を防いでいるということですね。

なので悪い症状ではないのです。

花粉を外に追い出そうとしているので良い症状だといえます。

しかし、くしゃみや鼻水は止めたいですよね。

花粉症の患者は年々増加傾向にある

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

花粉症の患者は年々多くなり、だいたい2500万人が花粉症で悩んでいるとも言われています。

なので4人に1人は花粉症だとも言えるんですね。

そして10年前よりも増えていて、20年前だともっと増えています。

なので増加傾向にあるのは確かですね。

花粉症が増える原因

花粉症はなぜ今増えているのか?

その理由をご紹介しようと思います。

スギ花粉が昔より多く飛散しているから

adeef3854b49772a1435c6e98826bbad_s

昭和30年代に実はスギを植林したみたいです。

その時は建築などに使われていたのですが、今はスギは木材としてはあまり使われていないためスギは増えたままだと言われています。

昭和30年だと60年以上経っていますからスギは普通に育っていると考えられますね。

なので現代が昔よりスギが多いのは昔に植林したからなんですね。

食生活により腸内環境が悪くなった

KC150711039140_TP_V

日本の食事は昔と比べて悪くなったとも言われています。

なので腸内環境が悪くなり、花粉症になりやすくなったそうです。

腸内環境が悪くなると免疫力が低下し花粉症の症状が出やすくなると言われています。

実際ヨーグルトを毎日摂取すると花粉症が改善することもわかっています。

おすすめのヨーグルトはビフィズス菌のヨーグルトです!

詳細は花粉症に効くヨーグルトのおすすめの食べ方は?を御覧ください。

ストレスが原因?

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s

ストレスが花粉症を引き起こすことがわかっています。

花粉症はアレルギーです。

アレルギーってストレスで起こることはわかっています。

薔薇の花粉でアレルギー反応が起こる人が造花の薔薇を見せたところアレルギー反応が現れたというデータが有ります。

なので目で見ただけでアレルギー反応が出るということはストレスなどから来ることも納得できますね。


おすすめの冷え性対策!

善玉ガード

 子供の花粉症は小さい頃から予防しなくてはいけません。

そこでおすすめなのが善玉ガード!

善玉ガードとは、乳酸菌やビフィズス菌や酵素を配合したタブレットです!

タブレットはヨーグルト味でお菓子感覚でいただけます!
大人の方の花粉体質の改善にも使えますよ!

白井田七。茶

子供の飲みやすい花粉症の鼻水がスッキリするお茶です!

1ヶ月1980円とそこまで高くないのいいですよね!

ていうか普通お茶としては高級茶なのでお買い得だと思います。

花粉症の鼻水に悩まされている人はどうぞ!

えぞ式すーすー茶

鼻炎・花粉症・いびきに効くお茶です!

ただ子供が少し飲みづらいらしいので大人向けかも。

鼻がすぐに詰まる人にはおすすめのお茶ですよ!

鼻をスースーさせましょ。

 - 原因